RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第21回〜モクレン
みなさん、こんにちは。
お花見は行きましたか?
僕は日曜日に近所の武庫川に行きました。
本とは京都などに行きたかったんだけれど、時間がとれませんでした。

武庫川はほぼ満開でとても綺麗でした。


河川敷でバトミントンをしている家族がたくさんいました。
この日は風も無かったし、いい天気でした。

みんあ、バーベキューをしたり、散歩したり寝転んだりしてゆっくりとした休日を楽しんでいたみたいです。
僕も、マックスバリューで買ったお弁当を食べて、すこしばかりほのぼのと日向ぼっこです。最近まともに休んでいないので半日もの間、何もしない時間が出来たのはうれしい限りです。

今日の題材は「モクレン」

今頃は車で走っているといやでもこの花が目に入ります。
これは紫木蓮(シモクレン)といわれる種類で、通常「モクレン」といえばこの木です。
あと、白い花が咲く「白木蓮」(ハクモクレン)、ハクレンも良く見ますね。
ハクレンとモクレンの雑種にサラサモクレンという種類もあります。花の形はハクレンに近い丸型ですが色は中間職のピンクです。


モクレンは街路樹などにもよく使われていますが、一般の家庭でもよく見かけます。

■剪定の仕方

モクレンはほとんどきることは必要ありませんが、大きくなる過ぎないようにするために間引いてやるのがいいと思います。

枝を根元から落とす。

落とす枝は、重なったものや樹形の反対方向に伸びているもの、著しく樹形を乱すものなど。様は自分のセンスですっきりかっこよくきってください。(それが難しかったりする。)
たまに枝の途中からズバッとやってしまっている木を見ますが、あれをすると今度出てくる枝が暴れてしまうので良くないですよ。気を付けて切りましょう。
時期はそれほど気にしなくても大丈夫ですが、適期は冬です。

■移植

移植は適期は今頃。花の終わった頃に行うのが一番です。
色々調べたのですが「移植は難しい」とか、「2,3年に一度植え替えたほうがいい」とか、いろんなことが書いてあったので良く分からなくなってしまいました。
ただ、この前に移植した(3月ごろ)ハクレンは元気に育っています。
要するに移植の技術の問題もあるのでしょうね。
心配なら植木業者を呼びましょう。確実ですよ。


■害虫など。

カイガラムシか付きます。

冬に石灰硫黄合剤を散布してください。


今、コラムを書いているのですが、外は雨です。(13日の金曜日)
さらに強い風。桜は散ったかな?

いや、まだ大丈夫。今度の日曜日もキット花見に行く人は多いはず。
僕は残念ながら時間が取れないかもしれませんが。

桜は咲いている時期が非常に短い。
一斉に咲いて一斉に散ります。
まさに日本人の心。大和魂のような華やかさがありますねえ。




author:成和造園, category:コラム, 19:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:15
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。