RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第31回〜くちなし 梅雨に咲く花
皆さん、こんにちは。しかし暑いですね〜。梅雨宣言からこっち、猛暑です。
もはや夏ばてしそうな勢いですよ。

先々週にハイビスカスの記事を書きましたが、その後、僕の太鼓のメンバーが沖縄に行ってきたそうで「ハイビスカスの垣根」を見てきたそうです。いいなぁ。沖縄。今の時期は一番いいでしょうね。暖かくて海で泳いだりも出来ますよ。「ハイビスカスの垣根」も一度見てみたい。きっといい香りがします。

さて、香りといえばこちらも負けてはいません。

クチナシです。梔子と書きます。

これは少し前に出品した盆栽で残念ながら売れてしまったので開花した画像はありません。

すこし開きかけの図。

まだ、斑入りの梔子が2つほどありますが、こっちは花芽が開いていませんね。
しかもすでに売れてしまっているんでこれも写真は取れないでしょうTT


梔子は開花すると非常にいいにおいがします。

うちの嫁もこの香りがすきなようですね


梔子は秋になると実をつけます。オレンジに近いような色の実です。
梔子の実は染料として使われます。無毒なものなので、たくわんの染料にも使われます。
オレンジのたくわん。知ってるでしょう?

また、くちなしの実は薬としても利用されます。
ねつを持って痛い捻挫などに塗れば、現在薬のシップよりも効果は高いそうです。
また、のどが痛いときは煎じてうがい薬に、飲めば胃酸過多や胃弱にも効きます。
はと麦と混ぜて煎じれば不眠症に効果あり。
解毒作用もあるので口内炎などに塗るのもOK。

すごい実ですね。梔子の実は熟しても開きません
そこから「口無し」の名前になったという説もあります。

香りもいいし、実も利用価値は多い。
いいですね。



author:成和造園, category:コラム, 21:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:10
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://seiwagarden.jugem.jp/trackback/51