RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第32回〜ノウゼンカズラ
みなさん、こんにちは。
暑い日が続くかと思えば、今度は雨続きですね。これでは現場も進まないし気分も晴れません。
先週はコラムをサボってしまいました。実は私事であわただしくしていまして書く暇がありませんでした。さらに妻が臥せってしまって、ヤフオクの盆栽のほうも結構落札があったのに、対応が遅れてしまっててんてこ舞いです。

さて、その盆栽ですが、今日盆栽市に行ってきました。盆栽市なのに大きな「ノーゼンカズラ」が出ていました。盆栽屋は庭木には疎い方も多いらしく値段も検討がつかないような方もいるようでした。結局かなり安い値で落ちました。しかし、出すほうも出すほうでですよ。正しい市に出さないと正しい値段はつきません。まれに相場度外視の高値、安値が出たりします。ま、それもおもしろいですけどね。

ノーゼンカズラが次々咲くよ


ネット盆栽業界ではよく名の知れた方が、
「あ、これ知ってるで。よく公園とかで咲いてるやつやんか。」などと言っておりました。「こんなん庭木やん、値段なんかしらんで。」
そうですか。実は僕も盆栽の値段は難しいですからね。(只今勉強中)畑が違うとやっぱり分からないのでしょう。

さて、ノーゼンカズラですが正確には「ノウゼンカズラ」と書きます。
「ノーゼンカズラ」でも「ノーゼンカヅラ」でもありません。僕の良く見る百科事典にはそう出ていました。

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属ノウゼンカズラ

しかし、ネットで検索すると「ノーゼンカズラ」でも「ノーゼンカヅラ」でもよくヒットしていますね。探すと時には色々入れてみるといいでしょう。

ノウゼンカズラは凌霄花と書きます。蔓性の植物で他の植物や支柱にまとわりついて登ってゆきます。 霄は空の意味で蔓が木にまつわりついて天空を凌ぐほどに高く登ることから凌霄花の名が与えられたといわれています。
庭などでも壁や他の木にもたれるようにして高く上らせます。アーチにしてもいいですね。今回は画像の準備が出来ませんでしたがうちの事務所にも「ノウゼンカズラ」のアーチがあります。綺麗に咲いていますよ。

花はオレンジ色でラッパのような形
そこからついたのか、英名は「トランペットフラワー」
開花時は夏です。もう既に咲いていますが一応、「八月の花」

ノウゼンカズラはとても綺麗ですが放っておくとどんどん伸びていきます。
適当なところで剪定しましょう。剪定は特にむづかしい事はありません。
適当なところでばっさりとやってください。春が来ればすぐ下の節から新梢がでてきます。ただ、春先に切ってしまうと花芽を落としますので花を確認してから。秋ごろなら遠慮なく切れます。
苗を買うと伸ばしっぱなしにする人がいますが、年に一度切ってやれば枝も増えるし、枝が増えれば元気になって幹も太る。

ノーゼンカズラは中国原産ですが、どこかトロピカルな雰囲気がありますよね〜。
頭に挿したら感じが出そう。

author:成和造園, category:コラム, 21:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:44
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。