RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第33回〜黒松  男松
皆さんこんにちは。
晴れたかと思えば、また雨です。なかなか好転しませんねえ。
今の現場も雨でかなり工事が滞ってしまいました。午前中で帰ったり、昼から出たりです。

このお家にはかわいいお子様がいて朝出会ったときと、晩帰るときに元気な声で挨拶をしてくれます。いつもにぎやかで楽しそうです。

この間、黒松の緑摘みをしました。だいたい、梅雨前から梅雨間くらいが適期です。
この間に新芽を積んでおけば、雨をたくさん受けてまた元気な2番芽を付けます。


この画像は家で育てている黒松のミニ盆栽。最近、画像が盆栽ばかりになってきましたね。今日、外でおおきな松を取ろうと思っていたのですが、残念ながら雨で撮影を中止してしまいました。また機会があれば実家の黒松を載せたいと思います。
上の松は僕が初めて買った盆栽で、大事に育てています。10年ご、20年後にはきっとりりしい姿を見せてくれるでしょう。

■赤松、黒松

松といえばやはり、「黒松」と「赤松」。あとは五葉松、蝦夷松、杜松など。
意外と種類はおおいのですが、やはり「黒松」は人気、知名度ともに抜群です。

幹の色の違いで「黒松」、赤い幹の松は「赤松」

黒松は芽もしっかりしていて葉の色も濃い緑。
赤松は細い芽がついて葉の色は黄緑に近い。

強い姿から「黒松」は男松、「赤松」は女松といわれています。
黒松は北海道以外の日本全土で海岸線に分布
赤松は内陸の山間部に分布します。

■門かぶり、門松、松竹梅

黒松は玄関の横に植えて門を覆うようにさし枝を出したものがあります。(門かぶり)
また、正月の飾りで門松、松竹梅などで使われます。
日本人の心の木ですね。

ちなみに三田市の木は松。ただ、赤松ですが^^。
三田の山にはたくさんの赤松が自生していますよ。

■手入れ

松の手入れは難しいものです。まあ、慣れてしまえばなんということはないですけどね。いまぐらいの時期には緑摘みをします。新芽を根元から全て切ります。
細かいことを言えばきりがないくらいやり方がありますがここでは省略しますね。
もし、知りたい人がいたらコメントにでもいれてください。お教えします。

今切れば、綺麗な2番芽が出ます。それがある程度充実して木が休み始めたら(10月くらい)今度は古葉を落とします。葉スグリといわれる作業です。
こうしておけば、新葉があまり伸びずに綺麗な葉が保てます。

まあ、盆栽などでは上記のように数回に分けて手入れします。それは鉢の中という限られたスペースでの成長ですので無理をすると弱ってしまうからです。小品盆栽などは木の衰弱を防ぐために2年に1度しか整枝しないというかたもいます。

地植えの大きな松の場合は一度で剪定をしてしまうことが多いです。
古葉の落とし方や新芽の切り方を調整して整枝、剪定していきます。

■記念樹の植樹(僕らの学校)

この間、僕らの学校というテレビ番組で杉本彩さんの母校にソメイヨシノを植樹するとい企画があってその木を持っていきました。

芸人のチュートリアルさんと杉本彩さんが植樹しました。
その準備と撮影時の手順等でお手伝いをしました。

今度、8月11日に放送があるそうです。
撮影の日は3時ごろから少し雨が降ってみんな濡れていました。ほんの少しの時間でしたがその時間だけにうまく雨が降りました^^
まあ、僕は雨には慣れていますがタレントさんはかわいそうですね。(もちろん、彼らも雨は慣れているはず)関根ツトムさんは屋根のしたでずっとしゃべってましたけど^^;





author:成和造園, category:コラム, 20:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://seiwagarden.jugem.jp/trackback/53