RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
樹木、植木、庭木
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんにちは。この間、雪が積もり大変でしたね。
相野のほうでは事故も多かったようですよ。
僕は天気が回復するまでずっといえにこもってました^^


さて、みなさん何気なく使っている、「植木」「庭木」といった言葉ですがちゃんと違いは理解しておられますか?

意外と同じような意味で使ってる方もおおいのではないでしょうか。

「樹木」「植木」「庭木」の違いを理解すれば、植木屋さんの役割、庭師の仕事もわかってもらえるかも知れませんからね。

「樹木」
山に生えている木、庭にある木など、生きている木の総称です。
材木、人工木以外の木のことです。

山の木は自然の中で自由に生きています。ですからこれを庭に移植しようというのは大変な作業になるんです。根が好き勝手に伸びているので無理に切ったりしたら弱って枯れてしまいます。それに日の当たりようや斜面などで形もさまざまでなかなか庭にはそぐわないものです。

「植木」

そこで植木は、お客様のに輪に植えられることを前提として育てられているものというわけです。実生や、接ぎ木、挿し木などの方法で作られているものです。
いつでも動かせるように根は整理されて作られています。
いわゆる生産業者、植木屋さんと呼ばれる者が携わる分野です。
ただ、この段階では用途が決まってないものがほとんどなので樹形は自然に近い形に保たれています。
もちろん、一部の仕立てものは別です。松、マキなどの門かぶり、つげなどの玉仕立て、その他の仕立ものなどはこの段階で作られていきます。

「庭木」

そういった植木を植木市などで購入して自分の畑で数ヶ月〜数年寝かして土地になじませたものを販売しているのが我々造園業者、町の植木屋さんたちです。一般の方が店舗で目にするのはこの段階のものです。

そして我々がお客様の庭に合う木を植えてそこでの役割を与えてそのように、お客様の家で仕立てられていく木、これが庭木と呼ばれるものです。

庭木とは目的をもって植えられ、その目的を果たすように仕立てられる木のことです。

わかりやすく言えば、

お客様の庭に春に花の咲く木を植えたとします。
この段階では出荷されたときの規格にそった植木が植えられただけに過ぎません。
この後、そのお庭の大きさやデザインに合わせて整枝剪定等を行い、バランスを整えて良い形で収まるように維持されていきます。
隣の木との相性、家とのバランスなど色々な要素があるでしょう。
そうして庭に定着してその役割をはたしているものを庭木と呼ぶのです。
当然そこに定住させることを目的としていますから一度植えれば安易に動かせるものではありません。
よく、植木の雑誌などに書いてある移植の適期というのはこういった庭木に適用されるものです。

植木は前述のように根が管理されています。だからいつでも移植が出来ます。(もっともその後の管理が大変な時期はあります。)そのかわり思い切った剪定を避け出来る限り自然樹形を保ちます。

どうです?違いがおわかりになりましたか?

これからは使い分けてみてくださいね。
言葉を学ぶことはその本質を学ぶことだと思います。
外国語を学べばその国が見えてくるのと同じで、専門用語を学べばその分野が見えてきます。なんて思いつきで書いてみました。

こういうのもたまにはいいでしょう?またお勉強に付き合ってくださいね^^
author:成和造園, category:コラム, 21:22
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:22
-, -, pookmark
Comment