RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第61回〜姫りんご 結実
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんにちは。
よく降りますね。最近は忙しいので雨に濡れながら仕事することも多いです。
さて、4月に交配の記事をのせたヒメリンゴですが、残念ながら失敗しました。^^
原因は、前日の予想外の雨で花粉が流れてしまったことだと思います。
せっかくたくさんの花が付いていたのに悔しいですね。
ああいう実成りのものは開花時には軒下にでも置いて雨をよけたほうが良いですね。
マンションの吹きつけ工事でベランダが使えなかったのが難点でした。

で、これは変わりに別のものを



ヒメリンゴの小品盆栽です。実もたくさん付いています。



さて、うまく結実に成功した木ですが、まだ安心は出来ません。

これからの管理が大変ですね。

梅雨の間はこのままで大丈夫ですが、梅雨が明けたら多肥多水で管理します。
肥料も多め、水も多めです。地植えの木ならそれほど気にすることもないのですが、鉢に植わっているものはやはり、土も限られてしまうので、人為的に管理しないと落果してしまいますよ。特に真夏の水枯れには十分に注意しましょう。

あと、まだ先のことになりますが、実が終わったら今年出ている枝を切り詰めてください。そうすればまた来年たくさんの花が咲いてみも付くはずです。実が終わったときに切っていないと来年の花つきが悪くなっちゃいますよ。


◆実をつける技術

少し話がそれますが柿などで、実の付いている木を買ってその年は楽しめたのにそれ以降は一向に付かないという経験をされた方も多いんじゃないですか?

実は若い木に実をつけるには少しばかりコツがいるんです。

まず、木が実をつける理由ですが、これは繁殖行動です。実を動物なりムシなりが食べに来て種を落としてもらいそこで新しい木が生まれてくるという。

人間も同じですが若いうちは繁殖行動はとりません。まずは自身の成長を優先してとにかく大きくなろうとします。そしてある程度成熟してから繁殖行動に移ります。

桃栗三年、柿八年、梨のバカヤロ25年といいます。

これが一般的な成熟にかかる年数ですね。

さて、では若木に実をつけるには?
施肥を控えます。養分を押さえて水も最低限にする。
そうすると木が生存の危機を感じます。そして枯れてしまう前に子孫を残すことを考えるようになる。
今まで枝や根を伸ばすのに使っていた力を花を咲かせて実をつけるほうに使うんです。

どうです?木って面白いですね。自然と闘いながら生きている植物達には驚かされることが多いです。

で、そうやって結実に成功したら今度はたっぷりと施肥、潅水しましょう。
それで秋には実が見れるはずです。

ただ、若木に無理やり実をつけさせるわけですから木には相当な負担がかかります。
できれば毎年ではなく隔年くらいで試して欲しいですね。もしくは数本用意してローテーションを組むとか。

ま、いずれにしても今年は無理ですから来年以降の話になりますが。





author:成和造園, category:コラム, 08:17
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:17
-, -, pookmark
Comment