RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
コラム第53回〜姫りんごの交配
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんにちは。
しばらく更新を休んでしまいました。申し訳ありません。

実はPCが故障したようでネット接続が出来なくなっていました。
近所の電気屋さんに持っていったら
「1ヶ月くらい掛かりますが、よろしいですか?」と聞かれて
「仕事に使っているのでいそいで直してくれ」
と言ったのですが、やはり一月かかってしまったようですね。
さて、今年は春からよく降りますね。現場も休み休みやっていますが、マンションの吹きつけ工事も思うように進まないようで現在もボクの部屋の前には足場が立っています。

現在ベランダが使用不可能なので下の仮説花壇にボクの木も移動しています。

この間様子を見に行ったら「ヒメリンゴ」の花が咲いていました。




これは去年の6月頃に近くのホームセンターで衝動買いしたものです。

今年も綺麗に花が咲きました。
花を咲かせるコツは実が終わったら直ぐにその年の枝を切ってしまうこと。
肥料をしっかり与えること。三月、四月にでる徒長枝は花芽は付かないのでこれも切ってしまいます。すると2番芽が短枝になり花芽が付きやすくなります。


ヒメリンゴはそのまま放置していても結実しますが数は少なくなってしまいます。
ですから確実に実をつけるには意図的に受粉させる必要があります。

■人工授粉

ヒメリンゴは自家不親和性なので、りんごのほかの品種やカイドウ、ズミなどを近くにおくと受粉させやすくなります。



上の画像、左が「ヒメリンゴ」、右は「ハナカイドウ」です。

この状態で置いておけば、風に運ばれたりミツバチが飛んできて自然と交配してくれます。実際3,4匹の蜂がこの木の周りを飛んでましたよ

またさらに受粉率をあげる方法としてカイドウなどの花を取ってヒメリンゴの花に花粉をつけます。



こうしておけばたくさんの実が付きますので一箇所に多く付きすぎたときには間引いてやります。

結実が確認できるようになれば液肥、油粕などで肥料分をおぎなってやりながら実の成長を楽しみましょう。

くれぐれも夏場の水遣りは怠らないようにしてください。実がしぼんでしまいますよ。

■花期の管理

花が咲いているときは長雨にあてないように気をつけましょう。花粉が雨で落ちてしまいます。
実はうちの木なんですが、日曜日の午前にも交配させようと思っていたら土曜日にものすごい雨が降って・・・。思ったとおりカイドウの花の花粉がかなり落ちていました。

それでも数日は隣においていたし、残っている分で受粉させたので幾分かは付いていると思うのですが。すこし心配です。

今後はこの時期は軒下や屋内などで管理するほうがいいですね。

さて結実するでしょうか?
うまくいっていれば続報はこのブログでおしらせしますね。
author:成和造園, category:コラム, 11:47
comments(0), -, pookmark
コラム第53回〜河津桜 七分咲き
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんにちは。最近は朝は冷え込んでも昼間は暖かく、そして夕方また冷えるという日が続いています。

早く春になって桜が咲く時期にならないかなぁと祈る日々ですね。

さくらといえば、今朝テレビで特集をしていました。
「桜が開花しました。七分咲きです。」というものです。

この時期、一足先に咲いている桜があります。

河津さくらです。



河津桜はソメイヨシノなどと比べて開花時期が早く1月の下旬ごろに蕾をつけ、2月下旬ごろから咲き始めます。
開花期も長く1ヶ月くらい咲き続けています。
河津桜は静岡県賀茂郡河津町で発見されたもので、オオシマサクラとカンヒサクラの自然交配ではないかと言われています。
当時原木は1本しかなく(その原木は現在も存在し、樹齢は約50年)、人工的に交配、繁殖させて数を増やしました。
現在では各地でほろほろと見かけるそうですが、河津町にはりっぱな桜並木があり、毎年、河津桜祭りというものが開催されます。

■河津桜祭り

数年前まではさほど有名ではなかったようなのですが、最近急激に全国に浸透して今では150万〜200万人くらいの観光客が訪れるようになったそうです。すごいですね^^

河津町あげての祭りでいろんなイベントなどもあるそうなので機会のある方はぜひ足をはこんでみられてはどうでしょうか?残念ながら僕はいけそうにはありませんが^^;
http://www.kawazuzakura.net/
上記は祭りのURLです。興味のある方はご覧下さい。

しかし、この河津桜は気候、気温に左右される部分が大きいようで、その年の気候によって暖かいときには1月ごろに咲き始めたり、寒い年は3月になってから咲き始めたりと、その年で開花に差があるようですね。今年はもうすでに「七分咲き」。祭りは3月の10日までやっています。

■三笠宮崇仁親王

三笠宮崇仁親王様のお庭にもこの河津桜が植えられているようです。
今頃三笠宮崇仁親王様も庭の桜を見ているのでしょうか?
author:成和造園, category:コラム, 19:10
comments(0), -, pookmark
コラム第52回〜富貴蘭
みなさん、こんにちは。
寒さも落ち着いて暖かい日が続いています。ですが聞く話によると明日はまた冷え込むそうではないですか。もうすぐ3月、はるのくるのが待ち遠しい時期になりました。

最近、ホームセンターなどに行くと良く「富貴蘭」というものが棚に並んでいます。
昨今の盆栽ブーム、苔玉、シノブ玉などをよく目にしますね。




この富貴蘭というのは「フウラン」のことで特に古典園芸品種として栽培されているものをさした呼び名です。

さて古典園芸といいましたが富貴蘭の栽培の歴史は古くそのなかから特に珍しいもの、美しいものを選出して珍重し始めたのも江戸時代の中ごろにまでさかのぼります。

富貴蘭は非常に香りが良く当時参勤交代のおりに花の咲いた富貴蘭を籠に持ち込んでなかでその香りを楽しんでいたそうです。

栽培方法はおもに水コケを使います。洋ランのように着床状態で栽培することはなく、鉢植えで楽しみます。
成長は非常に遅く、一年で新葉を2枚ほど出す程度です。そのかわり一枚の葉が3,4年
8年くらい持ちます。

富貴蘭には品種が多く、また葉の形や模様にも固有の名前があります。

たとえば
葉の形

上を向いている葉  立葉
下にたれているもの 湾曲葉
葉の先が突き出ている 剣

葉の模様
葉の上に狭い模様が縦に入るもの  縞
葉の中心に模様が出るもの    中斑
葉のところどころに斑紋が出る   虎斑

といった感じです。

ちなみに上の画像は朝日殿といって縞物です。

このほかにも花の芸、根、茎などにも種類があります。

富貴蘭は現在も愛好家がたくさんいますね。
彼らもよりよい作品に仕上げようとさまざまな工夫をしているようです。
はまると結構置くが深いようです。

植物を屋内、ベランダなどで楽しむ方法の一つととして「富貴蘭」いいんじゃないですか。




author:成和造園, category:コラム, 20:45
comments(0), -, pookmark
樹木、植木、庭木
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんにちは。この間、雪が積もり大変でしたね。
相野のほうでは事故も多かったようですよ。
僕は天気が回復するまでずっといえにこもってました^^


さて、みなさん何気なく使っている、「植木」「庭木」といった言葉ですがちゃんと違いは理解しておられますか?

意外と同じような意味で使ってる方もおおいのではないでしょうか。

「樹木」「植木」「庭木」の違いを理解すれば、植木屋さんの役割、庭師の仕事もわかってもらえるかも知れませんからね。

「樹木」
山に生えている木、庭にある木など、生きている木の総称です。
材木、人工木以外の木のことです。

山の木は自然の中で自由に生きています。ですからこれを庭に移植しようというのは大変な作業になるんです。根が好き勝手に伸びているので無理に切ったりしたら弱って枯れてしまいます。それに日の当たりようや斜面などで形もさまざまでなかなか庭にはそぐわないものです。

「植木」

そこで植木は、お客様のに輪に植えられることを前提として育てられているものというわけです。実生や、接ぎ木、挿し木などの方法で作られているものです。
いつでも動かせるように根は整理されて作られています。
いわゆる生産業者、植木屋さんと呼ばれる者が携わる分野です。
ただ、この段階では用途が決まってないものがほとんどなので樹形は自然に近い形に保たれています。
もちろん、一部の仕立てものは別です。松、マキなどの門かぶり、つげなどの玉仕立て、その他の仕立ものなどはこの段階で作られていきます。

「庭木」

そういった植木を植木市などで購入して自分の畑で数ヶ月〜数年寝かして土地になじませたものを販売しているのが我々造園業者、町の植木屋さんたちです。一般の方が店舗で目にするのはこの段階のものです。

そして我々がお客様の庭に合う木を植えてそこでの役割を与えてそのように、お客様の家で仕立てられていく木、これが庭木と呼ばれるものです。

庭木とは目的をもって植えられ、その目的を果たすように仕立てられる木のことです。

わかりやすく言えば、

お客様の庭に春に花の咲く木を植えたとします。
この段階では出荷されたときの規格にそった植木が植えられただけに過ぎません。
この後、そのお庭の大きさやデザインに合わせて整枝剪定等を行い、バランスを整えて良い形で収まるように維持されていきます。
隣の木との相性、家とのバランスなど色々な要素があるでしょう。
そうして庭に定着してその役割をはたしているものを庭木と呼ぶのです。
当然そこに定住させることを目的としていますから一度植えれば安易に動かせるものではありません。
よく、植木の雑誌などに書いてある移植の適期というのはこういった庭木に適用されるものです。

植木は前述のように根が管理されています。だからいつでも移植が出来ます。(もっともその後の管理が大変な時期はあります。)そのかわり思い切った剪定を避け出来る限り自然樹形を保ちます。

どうです?違いがおわかりになりましたか?

これからは使い分けてみてくださいね。
言葉を学ぶことはその本質を学ぶことだと思います。
外国語を学べばその国が見えてくるのと同じで、専門用語を学べばその分野が見えてきます。なんて思いつきで書いてみました。

こういうのもたまにはいいでしょう?またお勉強に付き合ってくださいね^^
author:成和造園, category:コラム, 21:22
comments(0), -, pookmark
植木に元気を与えます。寒肥 1件5000円から 石灰硫黄合剤散布 1件3000円から
JUGEMテーマ:趣味


寒肥の季節です。カンヒ、カンゴエと読みます。

植木の根元から少し離れたあたり、細かい根の出ているあたりに施肥を行います。
与える肥料はホームセンターなどで販売されている「寒肥」という名称の商品でも結構ですが、少し奮発して有機配合肥料などを与えると効果に差が出ます。

この時期に与えておけば春ごろまでじわじわと効果が出て、葉色、生育、花芽などに良い影響が出ます。基本的には木は水さえ与えておけば枯れることはありません。
しかし正しい施肥を行えば木に活力を与え元気にしてあげることが出来ます。
ぜひお試しください。

また、当店でも1件5000円で行っておりますので、御利用ください。
当店は有機配合の肥料を使っておりますがお客様にも木の生育が良い、葉の色が変わったなどと喜んでいただいております。



石灰硫黄合剤散布  1件 3000円より

カイガラムシの予防に効果があります。

カイガラムシは成虫になるとからに閉じこもり上から薬剤を散布しても大きな成果が上がりません。カイガラムシが付着すると吸汁されて生育に悪影響を及ぼします。またカイガラムシの排泄物は糖分を含んでいるためにすす病を間接的に誘引してしまいます。

良く付く木としては、モミジ、モチノキ、山茶花、椿、月桂樹など。
あと、多肉植物、ベンジャミンなどの観葉植物にも良くつきます。

石灰硫黄合剤はこの時期が適期です。被害が出る前に予防しておきましょう。
寒肥とあわせて申し込みされることをおすすめしています。

施工地域
三田市内およびその近隣地区


お問い合わせ先

成和造園
電話 079-568-3020
E−MAIL info@seiwa-garden.net

または成和造園のホームページより「無料お見積もり」を御利用ください。


ヤフーオークション 盆栽ショップ
author:成和造園, category:耳寄り情報, 17:26
comments(0), -, pookmark
コラム第51回〜南天  災いを転じる
みなさん、こんにちは。

今日は雨でした。正月もおわり、お仕事再開です。この冬は非常に暖かくて雪も降りませんね。まあ、仕事はしやすくていいのですが、庭木は活動が早くなりそうです。


さて、うちの玄関に南天の木があります。



冬には赤い実が鈴なりになります。


お正月の松竹梅にも植えてありますし、葉っぱは赤飯の飾りとしても使われます。
音が「難を転ずる」に通じるということから非常に縁起のいい木として古来より親しまれています。
江戸時代には多くの葉変わり品種が選び出されて盛んに栽培されていました。
現在もそのうちの数種は「古典園芸植物」として保管されています。

また、「福寿草」とセットにして「災い転じて福と成す。」といわれています。
ぜひ、セットで置いてください。


南天の実は「南天実(ナンテンジツ)」といって咳止めの薬として使用されています。
葉っぱは「南天葉(ナンテンヨウ)」といって健胃、解熱、鎮咳のくすりになります。
ただし、鎮咳作用物質のドメスチンというアルカロイドは、多量に摂取すると知覚や運動神経の麻痺を引き起こすため、知識を持たずに扱うと危険です。
興味本位で試さないでくださいね。^^

葉っぱには猛毒のチアン水素が含まれていますがごく少量なので害はありません。


南天は日陰でも良く育ち、それほど幅も大きくはなりません。
高さは大きなもので2mほどになりますが剪定にも強く多少荒く扱っても大丈夫です。
ですので、影になるような通路でも植えることが出来るので結構おすすめです。

author:成和造園, category:コラム, 16:58
comments(0), -, pookmark
あけましておめでとうございます。
JUGEMテーマ:大晦日/お正月



みなさま、
あけましておめでとうございます。

旧年中は御愛顧をたまわりありがとうございました。
本年もどうかお付き合いのほど宜しくお願いいたします。


今年も初詣は平安神宮に行ってきました。
そこでお参りをしておみくじを引いて庭の探索です。

平安神宮にはとても広い神苑があります(庭探索は有料600円)
庭には、サルスベリ、びわ、マユミ、黒松、赤松。

もちろん、他にも多くの木があります。友人二人を連れて妻と4人でいったのですが、
その友人たちに木の話をしてやりながら散歩します。
熱心に聞いてくれてましたが、さておぼえてくれているかどうか^^

そして広い池、鯉。とても落ち着く神の苑です。

おみくじは「吉」

まあ、去年は大吉を2回もひいたんですが今年はこんなものです。
でも凶以外はいいんですよね。

そのあと、その友人のリクエストで「大豊神社」に行きました。
そこには「狛ねずみ」というのがあります。



僕も初めて見たのですが、すごい人。ねずみ年ですからねぇ。
ほかにも、サル、鳥などの石像もありましたよ、そこ。

その後はおいしい湯豆腐を食べて、お土産買って帰りました。

たのしい一日でした。


さて、今年も仕事がんばるか。
author:成和造園, category:コラム, 09:53
comments(0), -, pookmark
コラム第50回〜クリスマスツリー
JUGEMテーマ:趣味


みなさん、こんばんわ。
気温が氷点下の日は水桶に貯めていた水が凍ってしまい、それを割ることが一番の仕事になります。
寒いとセメントの配合も難しくなり、プロとしての技が問われる季節です。(少しおおげさ^^;)
今はあかしあ台で施工していますが、そこのご家族は親子で音楽をしているらしく、この間はライブも行なったそうで。
仕事中もたまにギターの音が聞こえてきます。ちなみに我が家の近くでピアノをしている人がいるようで、今もかすかにピアノの音が聞こえてきます。


さて、来週はクリスマス。もともと西洋のイベントですが日本でもすっかり定着して子供たちはサンタクロースが来てくれるのを心待ちにしていますね。
神戸や大阪に出ればクリスマスイベント盛りだくさん。三田の町はイルミネーションできれいに飾られています。

やはりクリスマスといえばクリスマスツリー。去年も書きましたが今年も少し触れておきましょう。

■クリスマスツリー

ヨーロッパのほうではクリスマスツリーにはドイツトーヒが使われています。日本では一般的にもみの木が使われます。
どちらも常緑の針葉樹で、冬の厳しさにも負けない力強さを象徴します。
ツリーの先端にはキリストの降誕を知らせたものとして、おおくの場合は★を飾ります。
ヨーロッパの地方では★のかわりにリンゴを飾るとところもあるそうです。これはアダムとイブが食べた「知恵の実」を表すものだからです。
そのあたりではクリスマスツリーは「知恵の木」として認識されています。

■クリスマスツリーの日

クリスマスツリーの日というのがあるそうです。知ってましたか?
12月の7日です。
1886年12月7日に、横浜で外国人船員のために日本初のクリスマスツリーが飾られたことに由来しています。
つまり日本の行事ですね。といってもいままで意識したことはなかったけど^^;

■ドイツトーヒとモミ

ドイツトーヒ
マツ目マツ科トウヒ属
別名 欧州トウヒ、ヨーロッパトウヒ

モミ
マツ目マツ科モミ属

同じマツ科ですが別の属のものになります。

樹形や葉の付き方はトウヒ属と非常に似ているので見分けにくいと思います。
1.樹皮は白っぽく(樹種や樹齢により茶色っぽい樹皮のものもある)横に線が入る。
2.葉が細くて固い針状で先端は2つに分かれている。
3.球果は枝先に上を向いて立つ。
といった点でトウヒ属と区別できので機会があれば見比べてみるのも面白いかも知れませんね。

もともとドイツトーヒがクリスマスツリーにつかわれていたのですが、日本に来たときに本種ドイツトウヒの学名Picea abiesの下半分「abies」が、モミ属の属名「Abies」と同じだったので誤訳され、「クリスマスツリーに使う木はモミである」と誤解されたまま広まってしまったそうです。
まあ、何事も初期の段階では誤解は起こるものです。それが現在も訂正されずに使われているのも良くあることですね。

さあ、クリスマス。雪降るかな?
嫁さんのプレゼント、どうしようかな・・・・。






成和造園のホームページはこちら
ヤフーオークション 盆栽ショップ




author:成和造園, category:コラム, 19:14
comments(0), -, pookmark
コラム第49回〜クリスマスホーリー
みなさん、こんばんわ。

先週も書いたけど、クリスマスが近づいてきました。もう、三田の町もネオンでキラキラですよ。
この時期になるとみんな負けじと飾りつけをするので華やかになります。

今日は昼から六甲山に上がりました。スキー場も賑わっていてかえるころにはライトが点灯してナイター営業をしていました。

さて、今日は何を書こうかと悩みましたが、クリスマスにちなんでホーリーにします。
最近、親戚の家にいったのですが、そこに大きなクリスマスホーリーの木があります。
もう、4mくらいはあるでしょうかね。さすがに幹も太くて存在感がありました。

残念ながらその写真は用意できませんでしたがなかなか見ごたえのある木です。


ホーリーの葉


これはホーリーの葉。みなさんご存知ですよね?クリスマスのリースなどに使われている葉ですよ。あと、クリスマスケーキなどにも付いています。
クリスマスホーリーは通称です。本来の名前は「西洋ヒイラギ」また日本では「ヒイラギモチ」の木がクリスマスホーリーとして販売されています。
あと、チャイニーズホーリーといって「ヤバネヒイラギ(モチノキ)」というのがありますがこれは葉っぱが少し丸いので簡単に見分けられると思います。

ちなみに「ヒイラギモクセイ(柊木犀)」という木がありますがこれもまったくの別物です。これはモクセイ科の木で金木犀の葉っぱをギザギザにしたような感じ。
ギザギザの数が非常に多いのですぐに分かります。あと、これには赤い実は付きません。


■雌雄異株

クリスマスホーリーは雌雄異株です。通常2つ植えつけないと結実しません。ですが、実つきで販売されているもの(ほとんどがそうだと思いますが)は両性花をつけることが多いので、そのままにしていても次の年には実が付くことが多いようです。
花は6,7月ごろ小さな白い花が咲きます。それもかわいくていいのですがやはり見頃は実つきの時期でしょう。なんとなく楽しくなりますよね。

■花言葉

「必ず幸せになる」
「神を信じます。」

キリスト教にゆかりのある木ですからね。なるほど、です。
ちなみにこの赤い実には魔よけの力があるそうです。だからクリスマスに時期にはこの実をつかったリースを玄関に飾るんでしょうね。
アメリカのほうではクリスマスは「お正月」よりも大切な日で、この日には必ず家族が集まって聖なる夜をすごすそうです。
日本では恋人たちの日というイメージのほうが強いですね。家族が集まるのはお正月かな。逆ですね。


独り言になるけど、日本とアメリカは逆が多い。
右側通行と左側通行。「今行きます。」→I'm coming.
どうろ→ロード  「それはちがうと思います。」→I don't think so.

こういうのがすこし面白いと思うと時がある。こじつけのやつもあるけど^^

成和造園のホームページはこちら
ヤフーオークション 盆栽ショップ


author:成和造園, category:コラム, 20:49
comments(0), -, pookmark
コラム第48回〜ポインセチア クリスマスのお花
みなさん、こんばんわ。
12月に入って周りもクリスマスムードになってきました。
街ではクリスマスソングも耳に入ってくるし、華やかでいいですね。


さて、この間仕事が終わって家に帰ると嫁がポインセチアを買ってました。





■聖夜

ポインセチアは原産国のメキシコ合衆国ではノーチェ・ブエナと呼ばれています。
スペイン語ですが、ノーチェは夜(night)、ブエナは良い(good)という意味。
良い夜と書いて聖夜。

ポインセチアという名前の語源はアメリカ合衆国の初代メキシコ公使であった、J・R・ポインセットに由来しています。

日本に来たのは明治時代で和名を猩々木としました。


■鑑賞は花ではなく葉

ポインセチアの花はとても小さくまた、花びらなどもありません。
それは鑑賞に向くものではないのですが、この季節になると葉が紅葉して赤くなります。

短日処理という特別な処理があるようですが、これにより、緑と赤の葉のコントラストを引き立たせて
鑑賞して楽しむ事が出来ます。

最近では赤だけでなくピンクや白、斑入りなどの園芸品種もたくさんあり、園芸店の棚を彩っていますね。

それでもボクの好みはやはりこの赤いやつだな。キレイですよね。

今年もクリスマスがやってきますね。それが終われば次は正月。クリスマスまでに年賀状を用意しないとだめだな。

年末はさらに忘年会などもあるし、なんと忙しいこと^^;


author:成和造園, category:コラム, 22:05
comments(0), -, pookmark